株式会社ブルー・マーブル・ジャパンは、以下のメンバーで運営しています。業務執行の特徴は、パートナー制の体制と完全バーチャルオフィスです。パートナー制での事業執行は、案件の特徴により、適切な人材・会社等を事業パートナーとして招き、事業実施を行う業務スタイルをとっています。私たちは、一緒に仕事をする適正人材との広範なネットワークや、国内外の評価関係者やアカデミア、ソーシャルセクター(NPO/NGO)、金融関係者など広くネットワークをもっています。また、特定の事務所はもたず、国内外の事業パートナーとオンラインでのコミュニケーション、タスク・進捗管理ができる仕組みを構築して、個々人の働きやすさを大切にしています。

今田 克司(Katsuji Imata)・代表取締役

米国(6年)、南アフリカ(5年半)含め、国内外で市民社会強化の分野でのNPOマネジメント歴25年。現在、(一財)CSOネットワーク常務理事を兼任するほか、(一社)SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事、(特活)日本NPOセンター理事など。

 プログラム評価・インパクト・マネジメント関連では、社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)運営事務局リーダー、休眠預金等活用法における指定活用団体である日本民間公益活動連携機構(JANPIA)評価アドバイザー、日本評価学会理事。国際協力機構(JICA)事業評価外部有識者委員会委員。アメリカ評価学会 Social Impact Measurement TIGメンバー。

 CSOネットワークで「発展的評価」研修(伴走評価エキスパート事業)、日本NPOセンターで「事業評価コーディネーター」研修の評価研修プログラムを開発・実施。NPO・ソーシャルセクターに「役に立つ評価」の評価文化やインパクト・マネジメントを根づかせる試みで牽引役を果たしている。

今田克司の写真

千葉 直紀(Naoki Chiba)・代表取締役

プログラム評価、発展的評価、社会的インパクト・マネジメント、組織診断等を通した社会的事業の開発・改善、組織のマネジメント支援を専門としている。これまで社会的事業の起業・実施経験あり。支援者としてはNPO/NGO、民間企業、行政の評価・マネジメント支援や人材育成、同分野に関する国内外の調査を広く行ってきている。CSOネットワークでは発展的評価の日本への導入研修事業や社会的インパクト・マネジメント研修開発を担当。中小企業診断士(経済産業大臣登録)、認定ファンドレイザー(日本ファンドレイジング協会)。社会的インパクト・イニシアチブ事務局、日本民間公益活動連携機構(JANPIA)評価アドバイザー、アメリカ評価学会メンバー、CSOネットワーク 評価事業コーディネーター。

千葉直紀の写真